1号ビー水槽の立ち上げ

一号ビー水槽の立ち上げです
二号ビー水槽とほとんど一緒ですが所々違いますそれでちょっと失敗したなーと思ってるとこともあります…
後今回画像多めというかすごい多いというより画像にすべて投げました…

bi-18_1 bi-18_2
昔はこんな感じになってたこの1号水槽に

bi-18_3 bi-18_4
独特の形をしたこのカミハタ バイオボールを1個半くらいの厚さに敷きました
が3cmほど厚く敷いた方が良かったかなと後悔してます(その理由はもう少し後で)

bi-18_5bi-18_6bi-18_7
このスポンジフィルターのスポンジを取って上と下の吸盤のところを持って捻るようにすると簡単にパイプが取れるので

bi-18_8bi-18_9
ホワイトネットが通るように丸く穴を開けてエアレ用に小さな穴をあけて設置

bi-18_10bi-18_11
ホワイトネットの下はこんな感じこれが失敗したなーってところです
本当は沈殿式にしたかったんですけど
高さ60cmの2号水槽と違って背が低いので薄くしたんですがこれじゃあ
糞を吸い上げちゃうんで失敗したな…
[16/10/5ホワイトさんが水合わせの失敗も相俟ってすごく落ちた…参考にするなら2号お勧めします]

bi-18_12 bi-18_13
溶岩砂の洗い方今回一番苦労するところ?マスターソイルだと苦労します
洗濯ネットに突っ込んで浴槽でガシャガシャと洗うのが一番楽

bi-18_14 bi-18_15
その理由は洗濯ネットを入れてゆするだけでこんな感じ墨汁のように黒くなるからです

bi-18_16 bi-18_17
その墨汁のように黒くなった水を捨てるとこんな感じに細かい砂が残るので浴槽ならシャワーで流せる浴槽の方がなんだかんだで楽ですあと汚れがこの程度になったらやめ時ですこれ以上やっても砂が砕けて何も残らなくなるので…

bi-18_18 bi-18_19
洗った溶岩砂を山の様に入れて端の方へ均していくとホワイトネットの下に砂が落ちにくいです
bi-18_20 bi-18_21
後はコップや何かを敷いて水を入れると

bi-18_22
水が濁りにくいです

ソイル濁りを貝で取り除こうとしてる君、濾過摂食者なら可能性はあるけど濁らないように入れた方が確実やで!![追記16/10/2:10/5]

ホワイトシュリンプを入れた瞬間1匹が流れるように砂の下に入ってった…(お前いつもビー入れる時ソイル下に流すよな…「ソイル下にビーが流れるようにはいるのはもうさだめのようなものなので….」)
無事に上に戻ってきたので良いんですが…立ち上げ終了水草は思ってたのじゃなかったので2号用のついでに買います…

[16/10/5まだ記事にしてないんですがビーさんが落ちまくったので再度立ち上げ直す予定です…]

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク