稚エビは何処へ…

…最近毎日のように稚エビ探しをしているんですが見る度に新しい柄が出てきてとても嬉しいのですが見る度に同じ柄の奴が見つからずたまに出てきてたりするんですがもしや死んでる…という疑惑が…

稚エビが死ぬ主な原因は温度/pH値/水圧/餌不足/水流/アンモニア類でして

最近厚かったり寒かったりでヒーターなども付けていないのでもしかしたら温度かもしれないですし
pH値は計ったことも無いのでもしかしたらソイルの調整でガッツリ酸性になっているかもしれないですし
高さ60cmという異端水槽ですゆえもしかしたら水圧がキツいという可能性もあるし
一度泳いでる稚エビをみたんですが水流に流されかけていたので水流を一度弱くしたんですがまだ強かったという可能性も…
そして餌代わりの茶ゴケですが茶ゴケが生えていると濾過がちゃんと効いてないというらしいですし
と餌不足意外ほぼすべて該当している可能性がありもしかしたら餌も不足してるかもしれないし
とあまりにも稚エビに優しくない水槽だったかもしれないので来週チャームさんで試薬や稚エビ用の餌を買って調べたいと思ってます
試薬と言えば一つやっておきたいことがありましてそのときをお楽しみに…

あ、今日はこれで終わりですすみません…今日はガラスをちょっと磨いて茶ゴケおとしただけなので全くネタが無いですあえてネタを突っ込むなら実はミスト式でグロッソとパールグラスを育ててました
bi-32_1
これがすごい深い緑でして次水槽立ち上げるなら絶対ミスト式だなと思いましたねビー二号水槽ではもはや茶ゴケにまみれててもはや枯れてるパールグラスとは大違い…
bi-32_2
普段はこんな感じでラップで包んであるだけであんな深い緑になってくれるなんてもっと早くに知りたかったですね…
bi-32_3 bi-25_6
シワッシワに枯れてた水草ですが枯れてるところをちょきんと切ったらツインテールが出来てましたww…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする