レッドビーの苔対策には幼姫が安心な件

最近水草の茶ゴケが酷いので苔対策しないとなーとずっと思っていて
オトシンクルスを入れようとしていた時期きもありましたが稚エビさんが危険で危ないので
苔対策の秘密兵器ヒメタニシさんを投入しようと思ったのですがデカイヒメタニシさんだと
悪食の限りを尽くし底砂まで掘り返して間違ってオスとメスを入れると(メスだけでも)
大繁殖してしまうときがありさらに危険なので
悪食も底砂の掘り返しも繁殖まではしない生まれたばかりの姫様を3匹投入しました

1日目

bi-36_1 bi-36_2
餌を入れていないバケツで繁殖した子達なので結構殻が薄いです…

bi-36_3
この水槽ココとタイルの一部以外すべて茶ゴケなのでまあできるだけガラス面と水草の茶ゴケはどうにかしたい特にガラス面はウズムシくんが居てちょっと駆逐しきれてないので綺麗に消えてほしいな

bi-36_4 bi-36_5
bi-36_6 bi-36_7
餌のある未知の場所で未知の生命体と遭遇&接触最初はソイルに触覚が当たるのすら新感覚だったっぽいのにすごい適応能力の高さでついつい撮りまくってしまった

bi-36_8
一方その頃やっと動き出した子まだ動き出してない子…

bi-36_9
数分後には気になってた水草の方も綺麗にしてくれてました

2日目

bi-36_10
タイルを綺麗にしてくれてる子

bi-36_11
何処からきたのかパイプのところを綺麗にしてくれている子

bi-36_12
昨日からずっと同じ場所に居る子上だけ綺麗だけど木に登っておりられなくなった子猫かな?….

最後子以外は最初と比べると結構殻の色が濃くなりましたそれだけ苔を食べてくれたってことかな?

幼姫の補充

bi-36_13
このバケツはヒメタニシを入れただけで数ヶ月放置したバケツです
白い点々は前(チャーム)水槽のペースで生まれて餓死した子です
エンドリ水槽なら何十匹と生まれる期間放置していましたが餌が無いので数種間に一匹ペースで生んだのかな?
なのでヒメタニシが繁殖しないと思っている人は知らぬ間に増えているのに気づいていなくてなおかすあまりにも綺麗すぎるので小さいうちに餓死しているってのが姫様界での見解なんですけど
数ヶ月放置してるのに親が死んでいないので飢え耐性は意外と高いと思うので生体を飼ってると言える水槽なら餓死することはあんま無いと思います
それか幼姫さんにちょっかいを出すことかそこそこデカい子が動き回ったり底砂に埋まってずっと殻に籠っているうちに餓死とかそういう可能性もあるとおもいます…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする