生き餌についての色々

前置き

今日はメダカの話だけにしようと思ってましたがせっかくなので生き餌のはなしにしときます…
ということで生き餌の話なんですがなんでこんな話をするかというとエンドリケリーことエンドリ君達が最近喧嘩というより一方的な噛み付き事件が多発しているので生き餌漬けにしてどうにかストレス発散をしてもらいたいと思っています
ポリプテルスが噛み付く原因としては主に狭い空間に収容されていることによるストレスが原因だと思います
いまのエンドリ水槽を人間基準で例えるとコンクリートに囲まれた9畳の部屋に3人が居てたまに看守が見回りにきて時折ペースト状の病院食のような物が出る程度と言った感じなので部屋を広くして生き餌でどうにかストレスを押さえられないかなと思ってます…
前置きを長くしても仕方ないのでとりあえずそんな感じです…

生き餌について

生き餌と言えば和金、ドジョウ、メダカorアカヒレ、ミナミ、ザリガニ、ミミズ、コオロギ、ワーム
と他にも色々いるんですがメジャーなのは和金、メダカ、コオロギあたりですかね?
そして私が生き餌に選んだのはメダカとミミズです

コオロギと和金にしなかった理由は

コオロギはまあ分かると思いますが虫なので家族からの了承が絶対におりないという点と匂いと共食いなどが原因です
コオロギは面積が必要な魚と違って体積つまり高さを増やすだけで数が増えても大丈夫で繁殖もしやすいとかで単価も激安で良いんですがね…月一補充で生きた状態を維持するのはとてもとてもめんどくさいのでどうしてもという場合は冷凍コオロギで良いので生き餌としては却下されました

和金は餌金と言った感じで水槽の置いてあるショップならほぼ確実に
置いてなきゃおかしいほどメジャーな餌を使わない理由は
和金は群れるとヤバいからと単体でもヤバいからとストック水槽とか面倒いからです
このヤバいってのはエンドリに与えるであろうストレスがってことです
うちに居るエンドリ達は小さい頃ドジョウを掃除要員としていた時期があり
そのドジョウは解体処理をして餌にしたんですがその話は後ほど…
そしてそのあとに来た和金(金魚水槽とは別)の荒れ具合が酷く
餌?全部食ってやるぜ!!そんな感じでして和金は当分餌に出来る気がしませんし
和キング共と私が読んでる昔買ってた和金集団は叩いて!殺して!!食う!!!
そういうある意味牙の無いピラニアでしたので正直あのテリトリーにエンドリを入れたら
確実に殺されていると思えるほどの恐ろしさが和金にはあり
ストック水槽からエンドリ水槽に入れる分には問題ないのでしょうが
ストック水槽の維持はマジ面倒なので餌としては拒否されました….

メダカを選んだ理由

これは比較的単純に繁殖が出来るのと和金よりも病気に成りにくく餌代が掛からず基本放置でおkなのでとても楽という点が上げられます強いて理由を上げるなら

寄生虫的問題

ってことですチャーム産のドジョウにも寄生虫が居るときがあり掃除要員のデカドジョウが解体処理された原因は寄生虫による物でした
写真を撮っていたんですが残念ながら消してしまいました…物としてはアニサキス系何ですが背骨が曲がってもがき苦しみドリフト走行しかできなくなってしまうほどヤバい奴?なのかは分からないのですが寄生虫が居たという衝撃的な事実ともしかしたらもがき苦しむ系かもしれないという逃げ道を作って値段か高いだけという事実に目を瞑りたまにあげるだけでいいだろという…
まあそんな感じで寄生虫が居ない生き物なんてほぼほぼ存在しないのだからあまり気にしないんですが和金とかドジョウとか体がデカくて寄生しやすい奴よりメダカのが良いかなとかそんな感じですはい

えーっと結構書いたので次回予告メダカをあげると決めた物のせっかく上げるならホムセンのひょろひょろ無着色メダカよりデカく発色の良い奴をあげたい
次回「生き餌メダカを大きく育てることについて考える」えーと次回(明日とは限らない)ですゆえ….ではまた明日ノシ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする