エンドリ水槽の濾過について

エンドリ水槽の濾過をスポンジフィルターからエーハイムの2213に変更してから約半月ほどですが
特に糞が詰まったりして動かなくなったりだとか水が汚れてきたりだとかは特にありません…

まあエンドリの繁殖行為があったから鯉を別水槽に移したってのが大きいんだけどさ
(鯉の置き土産の根元まで食われたバリスネリアから滲み出る油膜という名のタンパク質が漂ってるのはどうにかしたい…)
もしエンドリや他のポリプテルス飼っててエーハイムの外部式フィルターを使ってるけど糞が詰まって
インペラーがカラカラ言ってる人はNanoスポンジフィルター マルチってのをお勧めします
糞がスポンジにキャッチされて数時間かそこらでボロボロになってから濾過器に吸い込まれるから
濾過器内で詰まったりとかしにくくなります

ポリプテルスに外部フィルターだけじゃ力不足だとか上部フィルターの方がろ過槽内のメンテナンスしやすい
だとか言われていますが私が思うに水槽の濾過器って空気清浄機や掃除機みたいなものだと思っていて
濾過機能の目安になる濾過容量は掃除機で言うところの集塵容量でしかないと思っているし
ろ材メーカーの魔法の言葉多孔質なんかクソが詰まったらただの石ころ程度にしか思えないから
っていうか濾過材なら糞という名の汚泥が最強だから…

と思っているので集塵容量もそこそこ吸引力も申し分なしさらに音も静かでメンテナンスも電源切って中身を
一旦バケツに移して塵を捨てるだけで終わるエーハイムの外部フィルターって良いよねっていうお話

まあ私は昔飼っていた和キング水槽という肉食魚も恐れる水槽の濾過器は上部式でして
メンテナンスも1年に一回年末の大掃除の日にやるだけだったんですが
フィルターを取り替える時にポタポタ床が水浸しってほどにないにせよベタベタになってしまうし
濾過器内を洗うためにフィルターを風呂場に持っていくとかした時床がベッタベタになるんで
正直色々めんどくさいんですよねそれにくらべて外部式は濾過器内のものすべてバケツに移して
風呂場に汚泥を流し込んで残り湯でろ材ジャバジャバ濾過器内もバケツにある水入れて軽くすすぐだけで良いし
本当メンテナンスがすごい楽だと私は思ってます
まあメンテナンス頻度で言えば最悪上部は数年で外部は数十ヶ月とまあ最悪だから実際はもっと短いし外部はホースやインペラーのメンテとかあるけどその分寿命長い”らしい”し良いかなって…
前使っていた上部フィルターは10年ほど現役バリバリでいけてたし外部ならエンドリがおじいちゃんになるまで使えるのかね?

あと残り湯でろ材ジャバジャバとか言ってるけど入浴剤なんか入れてる残り湯なんか使ってはいけないぞ!!これは濾過バクテリアが死ぬだとかそんなどうでも良いことじゃなくて入浴剤なんか入ってる湯で洗ってると最悪ポリプテルスがぽっくり死滅するのでマジでダメ!絶対!!です

昔の和キング水槽は大掃除の日に水槽の砂利から飼育水まですべて水道水で洗って水道水で飼育してるけど全然綺麗だから濾過バクテリアとかなんて微々たる力だろうからそんなものよりタニシ1匹の方が強力だと思うで
っと久しぶりに書いて結構長くなりましたがそろそろ真面目に動画ださないとなと思っています
鯉ちゃんがいなくなったってのもあってすごい水槽が綺麗になりました最近記事見直してみてて鯉ちゃんすごいスピードで成長してやがるとみてて思いました…ということでそろそろ終わっておきたいと思いますまたいつか….

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする