組織培養の行方

今日中に色々届くはずだったんですがSAGAWAさんの配達が遅いせいで…
ともあれ明日というより今日チャームから物が届くのでその前には届いてほしかったんだけどな….
冒頭いきなり脱線してるけどまあ記事にする気じゃなかったけどちょこちょこまとめてるうちにそれなりの量に成っちゃってたので急遽記事化するので前置きをねじ込んだ次第であります…
組織培養の行方なんですがそのまえに現状報告といたしましてはカビがヤバいということともしかしてカルスですか?的な物とこれヨーグルトの匂いがする…事案がありまして
カビはまあ前回の通りぽつぽつありまして組織培養をしていたと思っていたらヨーグルトを作っていた以下略はそういうこともあるさということで軽く受け流してもしかしてカルスですか?的な物はとりあえず画像乗せときます
tc-4 tc-2_7
こんな感じで右は前回のでこれの左下の透明なしずくのような物が左のカルス的なもの?です

とまあこんな感じで今後の行方というか買って置きたい物は
メネデール 発根”補助”剤なんかこれは三大肥料とは違って微量でいい栄養素の鉄分?でハイポの主力三大肥料!!とは違うらしいのでとりあえず併用してみたいと思う…
保冷蔵庫 野菜室に入らなくなるので温度をある程度一定に保てる機械として保冷蔵庫….便利だと思います…

腰高シャーレとシリカゲルと円形定性ろ紙 この三点でエタノールに漬けて消毒した植物達を完全に乾燥させて除菌できない物かなと思っております
他にはペットボトルにコップ1杯の水(200mlほど)にキッチンハイターを数滴たらしてウラーと振りまくって漏斗とろ紙で水草だけ取り出して水で軽くすすいでエタノールにポーイして以下乾燥ってのも良いかなとか今思いました

それと
葉片培養が出来る植物でググったそこの君!!カビなければどんな植物でも行ける…ただカルス化とかする前に枯れたりしたり培地が気に入らないだけ無菌に近い状態で育ててる植物ならその環境で葉っぱだけちょっと傷つけとけば多分行けるはず組織培養の一番難しいところは無菌状態を作ることだからね…

それと水槽にサイトカイニンをつかおうとしてるひとそれはやめとけ1mlに対して0.1mgが適正量?で2.5mg以上だと植物は死滅するらしいだからあんな高い物買わずに水草用メネデールとか使っとけ上手く育たんなら肥料と微量要素これでどうにか成らんならどうにも成らんホルモン剤を打ったところで除草剤としてしか働かんでな…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする